「きず」を視るチカラ
原電子測器株式会社

回転式渦流探傷装置

鉄や非鉄の最終製品段階で表面検査を行うための探傷装置です。
被検査材が回転ヘッドの中を通り、プローブを回転させて探傷します。
長手方向のきずを探傷するのに適しています。

回転ヘッド

きず検出の要となる回転ヘッドは、弊社のベテランスタッフが手作業で調整して出荷致します。 長期間安定した性能を発揮致します。 最小2mmから最大70mmまでの被検査材径をカバーしております。 回転数は、最大12,000回転/分まで対応しており、様々な材料、ラインに適した回転ヘッドを取り揃えております。
*範囲を超える被検査材径、回転数に関しましても、お気軽にご相談ください。

仕様

ROTO-C ROTO-2C ROTO-5C ROTO-CN
被検査材外径(mm) φ (2)4-25* φ 4-20 φ 10-70 φ (2)4-20*
回転数(rpm) 9,000 9,000 6,000 12,000
チャンネル数 4CH 4CH 4CH 4CH
サイズ(mm) W400 X H420 X D 410 W500 X H550 X D480 W620 X H700 X D570 W400 X H450 X D410
重量(Kg) 90 160 250 95

*プローブの選択により、材料径φ2の探傷が可能です。

  • プローブ

    回転ヘッドに装備される探傷プローブは、熟練したスタッフが手巻きにて作成しており、設計、製作から 調整まですべて社内で行っております。ご要望に合わせて、様々な被対象検査材、きずに対応したプローブをオーダーメイドでカスタマイズ製作することも可能です、ぜひご相談ください。

電子装置: r-EDX

特長
探傷諸元の保存 探傷波形の保存と再生が可能 シンプルで優れたインターフェースと操作性
貫通との併設が可能 AGC機能搭載 位相ゲート評価
自己診断機能搭載 タッチパネル対応可能
寸法(mm)
W 600 x H 1710 x D 1010
重量(Kg)
約300*

*仕様により、重量は変化します。

システムの組み込み例

コイルtoコイル ライン の場合 (回転と貫通を併設した場合)

製品情報に戻る